2006年01月09日

豪雪の域に達している

こうも連日降り続くと大雪でなく豪雪だ。事実、豪雪対策本部が設置された。だけど遅すぎる。
>困ったことに、暖房と給湯のボイラーが共に点火しなくなってしまった。
と昨日投稿しましたが、気になっている方もいるかもしれないので、その後どうなったかお伝えします。

寒い一夜を過ごした後、業者に見てもらったら、戸外の灯油貯蔵タンクの中の水分が凍りつき灯油が流れなくなっているとのこと。その業者は直せないので午後3時に別な業者に処置してもらう。送油管も腐っているところがあるのでその部分を切り離し新しいものを継いだとのこと。

昨年、ボイラーが故障した際、送油系の洗浄をしたし、冬の前にタンクの水抜きをし、水抜き剤を投入して万全の状態だったのに・・・信じられない展開。もしかしたらタンクに穴が開いていて雨や雪が入り込んでいるのかもしれないが今は雪が邪魔して確認できない・・・どうなることやら。

20060108今更ですが、露光補正して明るくしてますが夜です。

あまりにも雪が積もったので今日はカーポートと物置の屋根の雪下ろしをした。日中は歩行者がいたりして危ないから夕食後億劫だったが決心してやることとした。危険は承知で。やらないと潰れる可能性大。それにそろそろ排雪があると大いに予測していたこともある。

正直疲れた。それに背中も痛い。明日は体が痛くて起きれないかも知れない。残念なのは楽しみにしていたテレビを見はぐったことである。「爆笑どっきり作戦」も「風林火山」も見られなかった。始めると止められないのが、雪かき・雪下ろしなのである。

19時頃から始め休憩を挟んで23時少し前に終わり、汗をかいたので風呂に入り、24時頃ニュースを見た。山古志村の豪雪をやっていた。屋根に2mも積もっていて下ろさないと家が潰れるという。うちは1m20cm位だ。連日現場を訪れ雪下ろしの様子を他人の目で放映する暇があったら少しは手伝えと本気で言いたくなった。

毎日雪かきしているが雪のやり場がなく、もう何日も私の車は道路に出られない状況が続いている。こういう状況下でも郵便配達の人は毎日配達に歩いている。どんな山奥にでも行っているのであろう。ユニバーサル・サービスとはそういうことなのだ。郵政民営化とういう愚行は悪だ。

だから私は自分の家の前だけでなく他人の家の前も歩けるように道をつけるようにしている。自分が出勤時に歩けるようにという目的もある。本来ならば各家で幾分隣に越境して雪かきをするのが昔からの習わしなのだが昨今の核家族化で老人しかいない家庭は玄関から道路まで垂直に道はつけるが人が道路と並行して歩く道をつけなくなっているのである。スノーダンプを押して自分の家の左右それぞれ4軒分の道をつけている。ボランティアのつもりはないのでそう受け取られるのは心外ということもあるがそれよりも他人のテリトリーを侵すのはよくないことなので人知れず深夜に隠れてやることにしている。

愚痴が長くなってしまったが、東京に代表される中央に住む方々に地方の生活を少しでも理解して欲しいと思って書きました。同情を期待しているのではありません。こういう生活をしなければならないのは仕方のないことだと理解しています。

本当はもっと大事なことを書かなければならないのですが、生きるためにやらなくてはいけないことがあってなかなか書けないでいます。ハンディを感じます。でも挫けません。近いうちに書きたいと思っています。時間がある方はもっと色々なことができるはずですから頑張ってください。

blogranking01←わざわざクリックする方がいるかどうか分かりませんが
posted by 日出づる国の末裔 at 02:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

豪雪の域に達している その後
Excerpt: 昨日のその後の展開です。
Weblog: 星空の下で
Tracked: 2006-01-10 04:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。