2006年02月05日

ロシア警備艇など3隻が領海侵入

 ニュース記事によって微妙にニュアンスが違うのが気になるが、先般の「日本の領空を蹂躙」で我が国がきちんとした対応をとらなかったことが禍していると考えざるを得ない。
ロシア警備艇が初の領海侵入 宗谷岬沖、逃走船を追跡 2006年02月04日22時15分
http://www.asahi.com/national/update/0204/TKY200602040245.html
 4日午後1時5分ごろ、北海道の宗谷岬沖合30キロで、ロシアの警備艇が逃走する外国船を追跡しながら日本領海内に侵入したのを第1管区海上保安本部(小樽市)が確認した。ロシア警備艇の日本領海への侵入は初めてという。
 1管によると同日午前10時53分ごろ、ロシア国境警備局からベリーズ船籍の逃走船の捕捉協力を要請された。現場に向かった巡視船「しらかみ」が午後1時5分、逃走船と警備艇の双方が日本領海に侵入しているのをレーダー映像で確認した。無線で呼びかけたが、応答がなく、ロシア警備艇は約1時間後に退去したという。その後、別のロシア警備艇1隻も逃走船に近づこうとして一時領海侵入した。
   ◇
 外務省は同日夜、ロシア大使館に抗議し、事実関係の調査と再発防止を要請した。

ロシア警備艇など3隻が領海侵入…宗谷岬沖
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060204i213.htm
 4日午後1時5分ごろ、北海道宗谷岬の西北西約30キロの日本領海内に、ロシア国境警備局の警備艇と、警備艇に追われた逃走船の計2隻が侵入しているのを第1管区海上保安本部(北海道小樽市)が確認した。
 同日午後4時過ぎには、逃走船に接近しようと、別の警備艇も領海内に入った。同本部によると、ロシア警備艇が日本の領海に侵入したのは初めてと見られる。
 領海内に侵入した警備艇は「ディアナ」(600トン)。逃走船は30トンクラスの流し網漁船と見られ、同保安本部からの無線交信に対し、ベリーズ船籍の「FEYA」と答えている。
 同本部は、侵入確認後、国境警備局に退去を要請したところ、同日午後2時5分ごろ、警備艇は領海外へ出た。逃走船は宗谷岬の西北西約50キロで停船し、午後7時現在、機関故障を理由にとどまっている。
 また、別の警備艇は、領海内に約1時間50分、とどまった後に退去した。
 同本部には、同日午前10時55分ごろ、ロシア国境警備局から逃走船の捕捉協力要請があり、稚内海上保安部の巡視船「しらかみ」が出動していた。
(2006年2月4日23時5分 読売新聞)

ロシア警備艇2隻が領海に 外務省、大使館に抗議
http://www.sankei.co.jp/news/060204/sha060.htm
 4日午後1時ごろ、北海道稚内市の宗谷岬西北西約31キロ付近で、ロシア警備艇(約600トン)と、警備艇から逃走してきたベリーズ船籍の「FEYA号」(約30トン)が日本領海内に侵入しているのを第1管区海上保安本部の巡視船が確認した。午後4時ごろには別のロシア警備艇も領海内に侵入した。
 警備艇2隻は日本側からの退去要請で領海から出たが、1管本部によると、ロシア警備艇の侵入を確認したのは初めてとみられる。
 外務省は在日ロシア大使館に厳重抗議するとともに事実関係の調査、再発防止策をとるよう申し入れた。
 FEYA号は「エンジンに故障があるので修理後、領海を出る」と回答して領海内にとどまっており、巡視船が監視を続けている。
 1管本部によると、同日午前、ロシア国境警備局から日本領海内へ逃走する船の捕捉協力要請があった。カニの密漁容疑があるという。(共同)(02/04 22:41)
 追跡にかこつけて瀬踏みをしているのではないのか?日本の国境は侵犯しても大丈夫だという誤ったメッセージを与えることになる。日本が毅然としない限り、何度でも再発するであろう。

blogranking01←日本を少しでもよくした方がいいと思う方はクリックをお願いします。


※国民として意思表示しよう。誰恥ずることなく正義の1票を!

各府省への政策に関する意見・要望

内閣官房の業務に関するご意見・ご要望をお寄せください。

小泉内閣メールマガジン [ご意見募集]
posted by 日出づる国の末裔 at 02:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 露介の悪事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12779351
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Excerpt: ベリーズベリーズは、中央アメリカのユカタン半島の付け根の部分にあり、カリブ海に面する小さな独立国である。北はメキシコと、西はグアテマラと国境を接し、南東にはホンジュラス湾を挟んでホンジュラスがある。美..
Weblog: 『世界の国々』
Tracked: 2007-07-29 05:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。