2006年03月01日

スポーツから教えられるもの

 スポーツ、それもオリンピックという最高レベルのものを見ても感動するという経験はこれまで殆どない。数少ない例外は、日本柔道の山下選手と古賀選手がケガを押して金メダルを取った時、つまり二度である。その時は無性に涙がこみ上げてきて頬を伝わるのを止められなかった。滅び去る確率が非常に高い中でひたむきに逆境に立ち向かう姿に感動したのだ。遂にやってくれた、それもポイントによる優勢勝ちではなく一本勝ちで、外人よ日本人の心意気を見たか、即ち、日本人ここにありという嬉し涙であった。

 期せずして三度目がやってきた。まさか、フィギア・スケートで涙を溢れさせてしまうとは思ってもいなかった。トリノ・オリンピックで荒川静香さんが金メダルをとったのだ。不用意に過ぎる。幾ばくか心の準備が欲しかった。なぜならば、涙もろくなったとはいえこれでも私は男だからである。体面というものがある。

 彼女は、観客にもう一度見てみたいと思われるような演技をしたいと競技前のインタビューで答えていた。これを聞いた時は、随分謙虚な人だな、金メダルを目指していないのか、それとも端から諦めているので国民に不要の期待をさせないようにしよう、そして国民にその期待を裏切られたことによる批判をさせないようにしようと予防線を張っているのかな、と勘ぐった。しかし、それは素人の浅はかな勘繰りだと思い知らされた。

 彼女のフリーの演技を見て涙がこみ上げてきた。柔道の時とは質が違う涙である。しなやかで、上品で、優雅である。健気ではかなささえ感じる場面で胸がじーんときた。美しすぎるのだ。その情景が曲が醸し出す雰囲気と見事に調和して美しいから感動してしまうのだ。こういう感覚を覚えたのは初めてである。荒川さん、ありがとう!真に美しいものに対して人間はとめどもなく感動する生き物だということを今更ながらに自覚させられてしまった。

 彼女の演技を解説するのは愚の骨頂に等しい。百聞は一見に如かず。これでもかという位に悪戯に言葉を数多く並べ立てるのは下手な鉄砲を撃つに等しい。鼻につく。それを認めたうえで敢えてこの感情を日記として書き留めておきたくなった。日にちが経ってもこの感動を忘れないように。

 彼女が観客にもう一度見てみたいと思われるような演技をしたいと競技前に言ったのは本当のことだった。それは、イナバウアーという得点にならない演技、競技上は無駄な演技、悪く言えば邪魔な演技を取り入れたことに象徴されている。彼女は自分の土俵で相撲をとったのだ。相撲の世界では、自分の相撲を取った者が勝つ。だから、皆が自分の相撲をとれるようにしたいと口を揃えて言う。ライバルがこう出るから自分はこう対抗するのだというさもしい根性は全く見られない。潔い。これは職人の心意気に通ずるものがある。金のためではなく己が満足する仕事をする、それが職人というものである。つまり、いい仕事をすることに生き甲斐を感じるのが職人なのである。荒川さんは職人の心意気を見せてくれた。職人が精魂込めて作ったものは美しい。彼女はライバルに勝つためにスケートを滑ったのではない。観客に感動を与えるために滑ったのである。ここに誠がある。見事と言う他ない。無欲の勝利である。

 点を多く獲る者が勝つのが米国文化に代表される成果主義である。フィギア・スケートの採点もそうである。しかし、今回の件で荒川さんはその成果主義を木端微塵に打ち砕いてくれたように思う。人間の行動を数字で評価するなどということはそもそも不可能なのだ。それをあたかも可能かのように装い、しかも小数点第二位まで点数をつけるのは間違っているだけでなく害悪でさえある。支那の雑技団の演技ではないのだ。彼女が滑り終わった時、点数を根拠にしたメダルのことなどは全然気にならなかった。これだけの感動を与えてくれる選手が他にいただろうかという驚きより感謝したい気持ちでいっぱいになった。メダルなんか後から付いてくるオマケみたいなもんだ。万が一メダルがとれなかったとしてもそれは採点方法か採点者に致命的な誤りがあるのだから気にする必要はこれっぽちもない、私はちゃんと分かっている、貴女は最高だ、と心の中で叫んでいた。その舞台となったリンクで初めてスタンディング・オベイションが起きたということを知らされた時は、私の思いが通じたみたいでとても嬉しかった。

 硬い氷の上で、柔らかく舞った荒川静香さん、感動をありがとう!金メダルを取ったからではなく、いい滑りを見せてくれてありがとう!

 金メダルより貴女の方が輝いています。

arakawa

blogranking01←荒川静香さんおめでとう!
posted by 日出づる国の末裔 at 08:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13960696
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

NHK等の大罪
Excerpt: NHKは、受信料を徴収していながら予算や番組についての聴視者の意見を具体的に反映する仕組みを用意していないおかしな団体である。役所については住民の視点に立った行政が求められており、予算や施策などにつ..
Weblog: 星空の下で
Tracked: 2006-03-04 17:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。