2006年06月07日

嘘が罷り通る国

 「富の抜き方 その44(2)」作成に翻弄されて、ゴールデンウィークから新聞を読んでいない。古新聞がたまる一方だ。何もなければいいのだが連日黙ってはいられない出来事がなぜこうも湧いて出てくるのであろうか。

 狂っているとしか言いようのない毎度お馴染みの支那・朝鮮問題、特に対支円借款凍結解除問題、総理の靖国参拝問題、そして、いわゆる「分祀」問題などが耳に入ってくる。それに米国のグアム準州にある既存の米軍基地とは別に新たに米軍基地や住宅・道路・発電所などを建造してしまう問題や狂牛病問題も進展を見せている。際限がない。

 しかし、ブログで愚痴を連ねることにエネルギーを費やすより直接関係方面に意見を出すべきであると思い、最近はその作業を行っていた。(メールでなく電話や手紙を出す方が効果的なのだが)

 今回は、その中でも、所謂、「分祀」問題について、支離滅裂な発言をなした国会議員を袈裟切りにしてみたい。まずは、ニュース記事から。
<与謝野担当相>「靖国神社の判断に期待」と分祀論に言及
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060601-00000012-mai-pol
 与謝野馨経済財政担当相は毎日新聞のインタビューで、靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)について「皇族も政治家も遺族も何のためらいもなく慰霊に行った自然な状況に戻せるのは靖国神社自身だ。A級戦犯の分祀を含め、そのやり方は神社自身が判断することだ」と述べ、靖国神社の自発的な分祀に期待する考えを明らかにした。小泉内閣の閣僚が分祀論を明確に主張したのは初めてだ。
 与謝野氏は靖国神社が(1)宗教法人であり国の干渉は受けない(2)国の唯一の慰霊施設である――という「二つの主張をしている」と指摘。「二つ同時に成立させるのであれば、神社自身がいろいろと考える必要がある」と述べた。また「戦没者を思い、慰霊を行うのは大事なこと。そこで国として毎年8月15日、天皇陛下も臨席されて(東京都内の)日本武道館で戦没者慰霊式を行っている。それ以上付け加えるものは何もない」と語った。
 小泉内閣では、麻生太郎外相が「国家の英霊を祭るという大事なことを一宗教法人に任せているところに問題があるのではないか」と述べ、靖国神社の非宗教法人化を視野にA級戦犯の分祀方法を検討する考えをにじませている。【太田阿利佐】
(毎日新聞) - 6月1日3時13分更新

<A級戦犯分祀>遺族会に古賀会長が「議論」提案
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060530-00000050-mai-pol
 日本遺族会会長の古賀誠元自民党幹事長は30日午前、東京都内で開かれた同会理事会・評議員会で、靖国神社に合祀(ごうし)されている第二次世界大戦のA級戦犯の分祀問題について「いずれ避けて通れない道だから、皆さんで議論してください」と述べ、遺族会として議論するよう提案した。
 古賀氏はすでに、今年9月の自民党総裁選に向けた丹羽・古賀派の政策提言に「分祀も検討対象」との文言を盛り込むよう求めている。
 遺族会は今年2月にまとめた「終戦60周年特別委員会報告」で、A級戦犯分祀問題について靖国神社に分祀を働きかけない方針を示すとともに、「今日までの経緯など勘案すると(靖国神社が)到底分祀に応じるとは考えられない」とも明記し、分祀は困難であるとの認識を示している。この日の理事会・評議員会でも古賀氏が途中退席した後、この認識を再確認した。【野口武則】
(毎日新聞) - 5月30日17時19分更新

06/05/24 13:17 時事通信
◎「分祀、避けて通れぬ」=自民・古賀氏、山崎派会合で持論展開
> 自民党山崎派(会長・山崎拓前副総裁)は24日、同派事務所に丹羽・古賀派代表の古賀誠元幹事長を招き意見交換した。席上、古賀氏は「A級戦犯分祀(ぶんし)論」を打ち出した自身の政策提言について「わだかまりなく参拝するために分祀問題は避けて通れない」と説明し、理解を求めた。<

 分祀については、以前「靖国に戦犯はいない」の中で書いたが、今回はちゃんと辞書を見てみよう。

広辞苑(第五版)によれば、
【分祀・分祠】分けて祀(まつ)ること。本社と同じ祭神を別の新しい神社に祀ること。
【祭神】その神社に祭ってある神
【祭る・祀る】(「奉る」と同源)1供物・奏楽などをして神霊を慰め、祈願する。「死者の霊をまつる」2神としてあがめ、一定の場所に鎮め奉る。奉祀する。「祖先を祀る」3祈祷する。
大辞泉 増補・新装版(デジタル大辞泉)
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%CA%AC%E3%AB&stype=1&dtype=0
>本社と同じ祭神を、別に神社を設けてまつること。また、その神社。<

大辞林 第二版 (三省堂)
http://www.excite.co.jp/dictionary/japanese/?search=%E5%88%86%E7%A5%80&match=beginswith&itemid=18125300
>本社と同じ祭神を他所の新しい神社にまつること。また、その新しい神社。<

 与謝野も古賀も全国に1万社以上ある諏訪神社のように靖国神社を増やそうとして言っているのではないことは明白である。彼らを許すことができないのは、言葉の意味を完全に誤って使っているからである。しかも、内容が内容だけに慎重に扱うべき言葉をである。少なくとも靖国問題を語る資格などこれっぽちもないということが証明されたことになる。

 だが、許せないのはそればかりではない。悪質なのは「分祀」という正当に存在する言葉を借りて彼らの目的とする下劣な行為に不当な市民権を与えているからである。知らない者が聞けば彼らの目的とする行為が我が国の伝統文化上普通に存在する正当な行為だと勘違いしてしまうであろう。加えて、誰一人彼らの言葉遣いを訂正する者がいないということも許せない問題である。
 
 他の政治家もテレビも新聞も評論家も日本語を・していることについて責任を問われなければならない。彼らにとって言葉は商売道具のはずだ。その言葉を勝手に弄んだ罪は重い。国民に有害な情報を垂れ流していることについて謝罪し、きちんと訂正したうえで、ちゃんと責任をとってもらわなければならない。
 
 でないと教育上もよろしくない。オピニオンリーダー達が挙って言葉を誤用して憚らない状況がこれ以上続けば言語の崩壊に繋がる。彼らに教育基本法改正云々を論ずる資格などないと言わなければならない。
 
 分祀の意味を間違えて覚え込まされた国民は怒るべきだが、殆どの国民は、間違いと気付いていないであろうから傷はことさら深い。

 就中、与謝野馨、この男は元文部大臣である。しかも文人一家のoだ。本人も著述が好きなようだ。不届きにもほどがある。言葉を蔑ろにしては先祖も浮かばれまい。
与謝野家の人々
http://www.yosano.gr.jp/yosanoke/index.html

与謝野晶子
http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/yosano.html
>「やは肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君」(熱くほてった肌に触れず人生を説くばかりで寂しいでしょう)<
>「君死にたまふことなかれ すめらみことは戦ひに おほみづからは出でまさね かたみに人の血を流し、獣(けもの)の道に死ねよとは…」
(弟よ死なないでおくれ。天皇自身は危険な戦場に行かず宮中に安住し、人の子を獣の道におちいらせている)<

彼のために一句。
−いみをまちがうことなかれ−
 しなのため ちょうせんのため じしょもみず はじをしらずや ぶんじんぎいん


 古賀誠も許されない。この男が何故日本遺族会会長なのか。辞職しないのであれば遺族会は免職すべきであろう。古賀には以前も会長としてあるまじき発言をした前科がある。
朝日新聞6月16日記事(平成17年)
古賀発言、遺族会に波紋 継続求め緊急会議へ
http://www7.plala.or.jp/machikun/shasetukun355.htm
> 日本遺族会の会長である古賀誠・元自民党幹事長が、小泉首相の靖国神社参拝について「近隣諸国に配慮が必要だ」などと発言したことが波紋を広げている。一部報道で発言が、首相の参拝自粛を求める「遺族会の新見解」とされたこともあって、遺族会は17日に緊急の会議を開き、改めて首相の靖国参拝を求める立場を確認する。古賀氏の発言には、「アジア重視」をポスト小泉に向けた対立軸にしようとする思惑もにじんでいる。(野嶋剛)<

古賀誠の真心のこもらない参拝
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H14/1407/140711editorial.html

 マスコミには国民に分祀の正しい意味を伝える義務がある。謝った情報を垂れ流すのは犯罪である。文部科学省も国立国語研究所も口を閉ざすべきではない。関係官庁として不作為であろう。国語の誤用は正されなければならない。

与謝野薫 info@yosano.gr.jp
古賀誠 http://www.kogamakoto.gr.jp/index2.html

朝日 http://www.asahi.com/reference/form.html
産経 u-service@sankei.co.jp
日経 https://sch.nikkei.co.jp/nikkeinet/
毎日 https://form.mainichi.co.jp/toiawase/index.html
読売 https://app.yomiuri.co.jp/form/index.php
共同 feedback@kyodonews.jp
時事 webmaster@jiji.com

NHK https://www.nhk.or.jp/plaza/mail/form_other.html
日テレ https://www1.ntv.co.jp/staff/form.html
TBS opinion@best.tbs.co.jp https://cgi.tbs.co.jp/ppshw/contact/0030/enquete.do
フジ  https://wwws.fujitv.co.jp/safe/red_mpl/response/res_form.cgi?type=resother&flash=1
テレ朝(報道STATION) http://www.tv-asahi.co.jp/hst/bangumi.html
   (TVタックル) tvtackle@tv-asahi.co.jp?Subject=たけしのTVタックル
テレビ東京 https://www2.tv-tokyo.co.jp/main/goiken.php

各府省への政策に関する意見・要望
内閣官房の業務に関するご意見・ご要望をお寄せください。
小泉内閣メールマガジン [ご意見募集]


blogranking01←人気blogランキング

blogranking_fc4←FC2 ブログランキング

このブログを評価する←ブログヘッダー
posted by 日出づる国の末裔 at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(3) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

靖国神社が中韓版パンフレットを配布
Excerpt: 靖国神社が中韓版パンフレットを配布 靖国神社(東京都千代田区)は7日までに、中国語と韓国語に翻訳したパンフレットを初めて作製、希望する参拝者に無料配布を始めた。  パン??
Weblog: Here There and Everywhere
Tracked: 2006-06-08 21:54

遺族會は分祀を求めず
Excerpt: 古賀氏が遺族會で何か言つてるが、、 遺族會では議論して結論が出てゐるやうだ。 (遺族会) 遺族會でも色々と意見は有るだらうが、 敗戦の責任者ではあっても死んで御詫び..
Weblog: 日本の傳統(伝統)を守らう!
Tracked: 2006-06-10 13:57

08/03 アニメ、声優情報更新&いわゆるA級戦犯
Excerpt: いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL 小林 よしのり いわゆるA級戦犯 いわゆるA級戦犯の基礎知識として読んでもらいたい一冊 私はパール判事の日本無罪論(bk1)を読んでもいたので小林よ..
Weblog: laughingman
Tracked: 2006-08-20 12:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。