2006年09月27日

あさはかな支那人

 民度の問題に過ぎないことを文明と表現するのは間違った考えである。

06/09/02 時事通信
◎5万人がネット討論参加=旅先の「非文明行為」めぐり−中国
 【北京2日時事】マナー向上キャンペーンを展開中の中国共産党・政府が8月以降、旅行先での中国人の「非文明的行為」やマナー改善策をインターネット上などで募集した結果、3万件以上のメールや書き込みなどが寄せられたことが分かった。さらに、延べ300万人以上が関係するサイトを閲覧したほか、5万人以上のネットユーザーが討論に参加した。新華社電が1日伝えた。 党・政府は8月中旬、「中国公民旅遊文明素質行動計画」をスタート。「旅行先で大声で騒ぐ、たんを吐く、所構わずごみを捨てる、列に並ばない、落書きをする、だらしない身なりをする」を「6大非文明現象」(中国新聞社電)として改めるよう呼び掛けている。
 非文明行為などを募集したのは、国民の間に恥に関する議論を起こすことで、マナー改善につなげる狙いとみられる。中央精神文明建設指導委員会ではマナー向上の対象として国家公務員と青少年に重点を置くと強調している。
 国家観光局は「旅行先の中国人の非文明的行為は中国のイメージを損なう」と懸念を示しており、2008年北京五輪までに行動計画の成果を出すとしている。

 確かに支那人の特徴を捉えている。パラオでは、騒々しく、しかもゴミを撒き散らす群れとして支那・朝鮮人は有名だ。遠くからでも日本人観光客と見分けることができる確かな特徴として利用されている。

 自分らでは中国4000年の文明とか主張しているが、史実に反して仮に連綿とした文明があったとすれば4000年も経っているのに文明人になれないどうしようもない民族だということになる。

 4千年間も克服できなかったことをあと何年経てば克服できるというのだろうか。それは社会通念上「不可能」と表現するのではないか。

 ところが、実はそんなものは文明でも何でもないということにも気付いていないところが彼らの彼らたる所以である。動物と人間の違いと言ってもいいような基本的な事柄だろうに。別に高度な文明を持っている民族でなければ克服できないということではないということだ。

 文明と言われるようなものは持ち合わせてはいないかもしれないけれどアマゾン奥地の原住民とかの方が礼儀正しくまともな生活をしていたりするのではないだろうか。文字があるかどうかは関係ない。民族としての情操意識の問題であろう。美的感覚や道徳観のある民族とそうでない民族の違い。つまりは文明ではなく民度の問題でしかないということだ。行儀を弁えない恥知らずな無礼者であることは我が国に対する日課としている誹謗中傷で既に証明済みである。

補足資料
中国ニュース - 9月22日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060922-00000008-scn-cn
【中国】上海市民がマナーで自己批判「パジャマはお邪魔」
 上海社会科学院と上海市婦女連合会が実施した調査によると、「上海市で見られる最もマナーに欠ける行為は何か」との質問に対して、「パジャマを着て街中を歩くこと」との回答を選んだ人が最も多かった。21日付で英字紙チャイナデイリーが外電を引用する形で伝えた。
 上海社会科学院と上海市婦女連合会は上海市の18地区の約2000の家庭を対象に「上海市家庭文明状況調査」を実施した。
 このうち「上海市で見られる最もマナーに欠ける行為は何か」との質問に対して、「パジャマを着て街中を歩くこと」との回答を選んだ人が最多となった。このうち16.5%が「自分かあるいは家族がしばしばパジャマを着て外出する」と答えた。「自分も時々パジャマで外出する」との回答は25%だった。
 上海市を含む中国ではパジャマを着たまま買い物をしたり、散歩をしたりしている人の姿をよく見かけることから、チャイナデイリーは「上海市全体がパジャマパーティーの会場のようだ」と皮肉った。
 そのほかにもパジャマで外出することを批判する中国メディアは増えている。着心地のよいパジャマだが、やはり他人にとっては見苦しい。まして上海市はそのため2010年に万国博覧会を開催するので、外国人観光客もこれまで以上に増えるはずだ。パジャマ姿は街の美観にとって「お邪魔だ」という認識が広まりつつあるようだ。
■関連ニュース
・北京五輪:マナー向上に必死、握手の仕方も指導(2006/03/17)
・北京:路上の「たん吐き」は「自分で後始末を!」(2006/02/21)

 支那と朝鮮は似ているところがある。オリンピックを前にして期間中は犬肉を食うなというキャンペーンをはった南鮮を思い出した。

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

このブログを評価する←クリックすると枠の右側の折線グラフが変化します
タグ:民度 文明
posted by 日出づる国の末裔 at 04:17 | Comment(2) | TrackBack(1) | 支那人の悪事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何度か時間がある時に拝見させて頂いております。
更新を楽しみにまた見にきますね(*ゝω・)ノ
Posted by 髪型 at 2007年05月25日 01:11
相手の嫌がる名称を使わないこともまた礼儀です。トイレに仕切りのない文化は日本人の文化とは違います。心はそのまま外に出てきます。有史以来初めて平均寿命が76歳に達しましたと日本の医学教育を戦前受けた医師は学会で発表しました。その医師を学会長は中国のお父さんと言っています。貴方方は中国と戦わせようという勢力に乗せられているだけなのではありませんか?
Posted by 朱鷺 at 2007年08月03日 07:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24492041
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

2007年08月03日のコメントに対する返答
Excerpt: 朱鷺 at 2007年08月03日 07:11 に対するコメント
Weblog: 真実の扉
Tracked: 2008-08-16 00:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。