2008年08月28日

Discover Japan

IMGP2113 400x300.jpg
お伊勢参りや熊野詣は、古からあった日本人として重要な行事で、経済的には裾野の広い観光型産業として我が国の内需拡大に多大な貢献をしてきたと考えられる。
また、テレビ、ラジオ、新聞がない時代においては、日本人としての価値観を共有したり文化を伝搬させる役目も担っていたはずである。
飛行機は勿論、電車も車もないのに昔の日本人はどんなに遠い所からでも自分の足で何日もかけて半ば命がけで連綿とそういうことをしてきたのである。
熊野古道

熊野古道
IMGP2021 400x300.jpg

たまには外国旅行もいいが、ほどほどにして、少しは国内に目を向けたらどうかと思う。観光面での内需拡大だ。日本の国外に富を持ち出さないで国内に投下すれば我々の暮らしはもう少し良くなるはずである。
巷では「高度成長期のノスタルジックな昭和」がブームになっているが、「狭い日本そんなに急いでどこ行くの?」とか「ディスカバー・ジャパン」というフレーズがあった頃が懐かしい。今、日本の地方は疲弊の真っ直中にある。農業も水産業も林業も従事しているのは高齢者なのに後継者がいない。地元では暮らしていけないからだ。数年後には自然廃業となる。

農林水産業は国造りの基本である。梅雨があり台風が多い日本においては、山の木は土砂崩れを防ぎ、水田はため池となり水害を防ぐ。島国である日本は国境を守る目として漁師が必要である。これらが無くなると国は滅びる。

白良浜
IMGP2007 400x300.jpg

都会に住むお金持ちの方々は、外国にばかり行かないでもっと国内をゆっくり旅していただきたいと思っている。日本にはいい所が沢山あるし、何かしらの発見もあるはずである。何よりチップの煩わしい計算と小銭の用意がいらないし、言葉の問題もない。つまり気をつかわなくて済むのだ。外人観光客を1000万人も呼ぼうという現政権の政策及び経済界の判断は間違っている。経費をかけてわざわざ支那・朝鮮から下品な観光客を呼び寄せなくても日本人の客を増やせば済む話である。もっと問題なのは地方の空港である。国際線の利用率を高めたいからと海外行きの便に県民を乗せようと躍起となっているのである。旅行に補助金を出す地方まである。勿論、航空会社は外国、それも、露、支、鮮のものであり、利益はあちらへいく。ただでさえ金の少ない地方から更に金が流出するのである。それも日本に悪さをしている国に。地方が地元に金を落とさなければ地域経済がますますおかしくなる。

英語、支那語の繁字体・簡字体(ご丁寧にも二種類)、ハングルで混雑して日本語がどこにあるか分からないような看板を乱立させて景観を汚したあげくの果てに、風呂の入り方を知らないし教えても従わないであろう外人が尻などを洗わずに湯船に入れば温泉が得体の知れない菌で汚染されて利用できなくなるおそれがある。我々日本人に残された少ない楽しみまで奪わないで欲しい。
日本人なら通訳も看板も外国語版パンフレットもいらない。同じ経費をかけるなら日本人客の掘り起こしにかければいい。日本人の海外旅行者は圧倒的に多いのだから、その1割でも国内旅行に回るようにすれば、富の流出も防げるし一石二鳥である。客であれば誰でもいいという安易な考えは不適当である。客を選ぶことが必要なのである。日本人と外人とどちらが客として好ましいのか。答えは自ずと出ているであろう。



三丁目の夕日もいいが、こちらは屈託のない明るさがいい。
これを見ながら日本人は額に汗して元気良く働いた。



長年存続してきているものは実はバランスの上に成り立っている。伝統文化とか習慣というのは、何の役に立っているのか分からないからと安易に廃してしまうと歪みが出てくる虞がある。




blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 01:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

分祀とは…新聞もテレビも政治家も大嘘吐きである

 合祀の反対語が分祀ではない。
 分祀の「分」とは、忍法分身の術の「分」である。即ち、複製をつくることである。

 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 18:09 | Comment(9) | TrackBack(1) | 内政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

再チャレンジ推進社会は間違い

格差の解消=再チャレンジであるわけがない
 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | 内政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

不当利得の行方

 まるで「世のため人のためを思ったがうっかりミスをしたのであとはよしなに」と言ってるように聞こえるが、「金もうけのためならどんな手でも使う、ばれなければ勝ちだし、ばれても確定した儲けは儲けだ、誰にも触らせない」と言っているように聞こえる。

 彼の言動からうっかり八兵衛を連想することは全くできない。

 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 04:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 内政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

絶滅危惧種 日本人

 ひとつの見方

 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(5) | 内政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

靖国に戦犯はいない その2

 食うか食われるか

 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 04:10 | Comment(6) | TrackBack(2) | 内政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

靖国に戦犯はいない

 小沢一郎を許さない。

 既にリンクが切れるほど古いニュースになってしまったが、この男の一言でここ10日近く議事録と格闘していた。思ったより時間がかかってしまった。おかげでもう1ヶ月位新聞を読んでいない。食事の時にTVのニュースを少し見るだけだ。
 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 23:45 | Comment(6) | TrackBack(12) | 内政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

その言葉を貴殿に返す その2

先日予告した長い投稿はお預けにして、社民党で二連発。
 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 00:40 | Comment(1) | TrackBack(1) | 内政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

その言葉を貴殿に返す その1

 本日は疲れてるので短く。明日あたり長いのを投稿できればと思う。
 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 03:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

風前の灯火の断末摩か?

 社民党は、どうやら迷走を始めたようだ。この10年間で180度違う見解を2度出して結局元に戻ることになる。よほど堂々巡りの議論が好きなようだ。

 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

小泉改革の嘘

法案名に小学生でも分かる誤りがある。 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 05:55 | Comment(1) | TrackBack(3) | 内政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欠陥条例を守れ?

潔くない。というか、過ちを重ねる行為は恥の上塗りにほかならない。
かわいそうな奴だ。
 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 05:37 | Comment(1) | TrackBack(1) | 内政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

想像力

想像力のないものは、正論を語ることができない。
 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 04:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目くそ鼻くそを笑う

どちらにしても、傷のついたドングリに他ならない。背比べして何になる。
 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 03:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍は魂を売ったのか

そんなに欲しいのか、親がなれなかった総理の座

 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 02:20 | Comment(3) | TrackBack(1) | 内政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

小泉の野望

昨日の雪かきの甲斐もなく、昨夜来の降雪により一尺積もった大量の雪を今日の昼過ぎに片付けた。しかし降り続いているので今晩もう一度雪かきしなければならない。既に20cm位積もってる。いろいろ書きたいことは毎日あるのだがブログに記するまでには至らない。頭の中で没にしている。

しかし、以前自分で予告したことについては、果たさないわけにはいかないので、略しながらでもそろそろ「小泉を操るもの」の続きを書くとしよう。

続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 02:40 | Comment(0) | TrackBack(8) | 内政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

郵政国営化賛成!

今更ながらですが、小泉一派の好きな改革とやらを更に進めて、

民営化→(再)国営化 というのはどうでしょう。

確か、改革とやらを加速させるんでしたよね?

だったら民営化の次の展開は国営化ですよ、小泉さん!

 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 03:11 | Comment(3) | TrackBack(1) | 内政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人の鮮人化を憂う

最近特に目立つこと

 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 01:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

外国人の無制限流入を目論む奴

とことん反論してみよう。
 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

小泉を操るもの

 テレビに登場する評論家やキャスターが小泉を分析しようとしてもなかなか彼の行動が読めないのは、次のようなことがあるからである。

 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 04:24 | Comment(2) | TrackBack(4) | 内政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

暗澹たる現実

昨今の現実を直視すると、世のため人のために尽くそうという崇高な考えを持った政治家は残念ながら皆無だと言っても過言ではない。人間というものは極めて弱い存在であり、様々な誘惑に負けずに初志を貫徹するのは並大抵のことではない。ましてや最初から名誉欲、権力欲、支配欲、金欲、物欲を満たすためとしか見えないような政治家が跋扈するのを見るにつけ暗澹たる気持ちになる。極限すれば、現代社会において口過ぎのために政治をやっているものは十中八九信用ならないと言えよう。とどのつまりは自分のために政治をやっているからだ。酷い場合は次回選挙のための事前運動をやっているかのような毎日を過ごす首長も目にする。選挙違反と紙一重だろう。保身のため、次回も当選するため、更に上の地位を得るために行動しているからこそ選挙の時には「お願い」を絶叫する。どうか自分を勝たせてくれと普段と立場が逆転して平身低頭する。自分の考えや行動が誰にも恥ずることなく良いことであれば、住民から支持され、政治家として活躍してくれと逆に住民からお願いされるであろうに。

断っておくが、私が述べていることは根拠のない誹謗中傷ではない。選挙違反や贈収賄事件は止むことなく破廉恥事件すら起こしているのが紛れもない現実だからだ。犯罪の発生率からすれば、一般住民よりかなり高い集団であろう。即ち、政治家とは、悪人の代名詞のような存在であり、遠慮がちに言っても、嘘吐きに成り下がっている。ばれてから書き直すのが政治資金報告書だ。真に心ある政治家は、自分がその政治家の仲間であることを恥なければならないはずである。しかし、政界の自浄作用は遅々として進まない。

なぜこれほどおかしな世の中になってきたかを考えると、金こそ全てのアメリカ型効率至上成果主義が蔓延ってきたからではないのかと考えている。普通の日本人なら昔ながらの倫理観を伝統として受け継いでいるからそう簡単には切り替わらないはずだが、最近の世情を見るといよいよ金こそ全ての世の中になってきている。どういう機序でそうなってしまっているかについては別な記事で述べることとする。

衣食足りて礼節を知るという諺がある。生活に困らない環境にある者は、自由な時間をきっと世のため人のために使うのではないかと期待したい気持ちが私の中では勝っているので、これを政治家にあてはめてみたい。勿論、例外もあるだろう。暇と金があるからといっても世のため人のために働くという保証はないし、欲に目が眩む輩も出てこよう。貧乏暇なしでもひとたび政治家になれば金儲けには見向きもせず国民のために働く者も出て来るかもしれない。しかし残念なのは、中々そういう者に行き当たらないことである。むしろそれと逆の行動をするのが政治家の性だと証明しているのを見せつけられるのが現実であり、嘆かわしい世の中である。世に政治家はなく、政治屋ばかりである。一度やったら止められない、これほど体のいい職業はないとみえる。乞食と違うのは、権力を握り、高い報酬を得ながら人々の上に立つ快感を味わえることである。落選して失業する者は国民のためではなく自分が当選するために取り繕っているに過ぎない。だからこそ、私は、既に持てるものを持っている政治家に期待する。落選しても食うに困らない政治家だ。政治から何かを取ろうとするのではなく、与えようとする余裕のある献身的な政治家の出現を期待したいのだ。

欲に弱いのが人間であるが、今の世の中、一つだけ条件を付けるとすれば、政治家と呼ばれるために必須なのは、あくまでも国益を優先するという確固たる「信念」であろう。郵政民営化という国の社会基盤を破壊する無軌道な悪企みに対して平沼赳夫元経済産業相は政治家としての信念を貫いた。掃き溜めに鶴を見たような気がする。誇り高き真正保守として活躍されることを願ってやまない。そう、そのとおり、日本には真正保守が必要なのだ

ジェンダーフリー(男女共同参画)、皇室典範改悪、人権擁護法案、外国人参政権、日朝国交正常化、東アジア共同体、似非保守による擬い物の憲法改正、全ては亡国へのエスカレーターなのだから、私は黙ってはいられない。

古き良き日本の伝統は守られなければならない。


※前置きのつもりが、長くなってしまったので、この続きはタイトルを別にして投稿します。

 →「天皇陛下の作文の写し発見」に続きます。



blogranking01←クリックする方がいるかどうか分かりませんが






     
マックス・ウェーバー「職業としての政治」
どんな事態に直面しても「それにもかかわらず!」と言い切る自信のある人間。そういう人間だけが政治への「天職」を持つ。
¥483(税込)


blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 00:49 | Comment(0) | TrackBack(3) | 内政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。