2008年08月16日

peacesinger at 2007年03月01日 01:10に対する返答

英国人の悪事
>やはり平等は大事ですよ。皇室の存在が平等の精神に反するのは確かですが、その問題はすぐには解決しません。それなら男女平等から一歩ずつ平等に向かって歩を進めていくしかないでしょう。それとあなたは日本の皇室を神聖視しているようですが、英国の王室がパパラッチの標的になるのは、英国の王族が比較的、自由に活動できる事の裏返しでもあります。日本の皇室には自由がありません。私は皇室と縁の無い家系に生まれて幸せだったと思います。皇室の人々に自由を与えるにはどうすればいいのか、真剣に考えるべきです。peacesinger at 2007年03月01日 01:10<

に対する返答

偏執的な主張でびっくりしました。皇室にお生まれになった方々がその重責を必死に果たそうとされているのをお敬い申し上げているだけです。日本人として抱く自然な心情です。普通にね。

皇室と王室は似て非なる存在である。万世一系論を持ち出さなくても日本の歴史・伝統・文化と一体化した権威ある存在として皇室は国民の大多数の日本人にはるか昔から敬われてきている。英国の王室は、異民族との政略結婚が繰り返されており、血筋のうえで一般の英国民と同じ家族とは言えず、存在しているからといってそれがそのまま権威には結びつかない。1215年にマグナカルタという「契約」によって英国の王としての地位を確立したのであって、英国民の親みたいな存在ではないということだ。自然に備わった権威がなければ敬いの対象から好奇や妬みの対象に切り替わるのにそんなに時間はかからない。それに、英国女王の寝室に忍び込んだ男もいたくらいだから自由に活動しているかどうかとは全く関係ない。分別のある日本人なら自ずと権威を感じてしまうのが自然な光景だが、外人には日本人の心情など分からないだろう。だが、日本人の前でそんなことしたらどうなるかの分別ならあっておかしくない。

>自由を与える?
「与える」とは目上の者から目下の者に対する言葉である。勝手に日本名を名乗り日本語を操る鮮人や支那人なら別として普通の日本人が聞けば奇異に感じる言葉遣いだ。平等主義を隠れ蓑に天皇を蔑視している。天皇をなきものにしたいという本心がばれないよう平等を論拠にするのは反日がよく使う手だが、端から天皇を蔑視し廃絶したいあまりに本心が出てしまったのだろう。さもなくば平等主義者の頭の中に平等は存在していないか、存在していても大きな部分を占めてはいない(、実は自分が一番上に位置している)という証拠にほかならないことになる。平等主義者が言う平等とは口先だけで実行が伴ったものではないということだ。

そもそも全てが平等というのはあり得ない。結果の不平等を正すのは不可能である。映画の切符は買えても一番いい真ん中の席は一つである。人にも違いがある。あの人のようないい性格になりたいと願ってもなれないのである。機会の平等を得ようとしても得られない。生まれて来る時に親を選べない。人間は生まれながらにして不平等な存在なのである。男と女の平均寿命が違うのは不平等じゃないのかい?その前に人間として生まれてくるか虫として生まれてくるかも選べない。虫で生まれたら不平等じゃないのかい?神でも平等はつくれない。詭弁はいい加減にしなさい。もう騙されるな日本人はいない。被害者の人権をさておき加害者の人権を尊重する人権屋と呼ばれる弁護士が偽善者にしか見えないように、平等を口にする者も偽善者でしかない。平等って何ですか?あり得ないものをあたかも存在するかのように流布して人心を惑わすのはカルト宗教の教祖や宣教師みたいなもので有害だ。不平等ながらも万物は役割分担の中で精一杯生きている。それがこの世である。自分は平等に扱われていないと嘆く毎日なのか?そんなことでどうする?「平和」、「(男女)平等」、「人権」という人に優しい耳障りのいい単語は、在日を主体とする反日工作員がお人好しの日本人を騙すために都合良く用いるキーワードであることを日本国民なら知っておいて損はない。

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 02:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 黙せず語るべし、外務省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

英国人の悪事

 ニュースとしては古いですが・・・黙ってはいられない。
 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 03:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | 黙せず語るべし、外務省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

日本人を小馬鹿にするのか?仏蘭西人

 受動的な外務省の出先機関である在仏蘭西日本大使館は、この男の言うことを鵜呑みにして無罪放免しているのであろうか。嘆かわしいかな。
 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 03:32 | Comment(1) | TrackBack(3) | 黙せず語るべし、外務省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

闘え、日本人

 先日、読み終えた本
 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(2) | 黙せず語るべし、外務省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

腑が煮えくり返る

あんまり頭にきて書き殴りになりますが。
 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(2) | 黙せず語るべし、外務省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

露西亜の釣り

 慌てる乞食は貰いが少ない。だから慌てるな、逆手に取れ。
 続きを読む

blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 05:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 黙せず語るべし、外務省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

「外交に関する世論調査」の報じ方 その2

各メディアが報じない部分について、敢えて光を当ててみることとする。

「外交に関する世論調査」は、http://www8.cao.go.jp/survey/index-gai.htmlで公表されているが、その中の「対外広報」について考察してみる。

○外交に関する世論調査(平成17年10月)
5 対外広報 
 (1) 対外広報の現状
 日本は自分の国の姿,意見や立場を外国に正確に伝えたり理解させたりしていると思うか聞いたところ,「そう思う」と答えた者の割合が10.1%,「そう思わない」と答えた者の割合が69.6%,「どちらともいえない」と答えた者の割合が14.0%となっている。
 平成15年10月の調査結果と比較して見ると,「そう思わない」(63.9%→69.6%)と答えた者の割合が上昇し,「どちらともいえない」(17.8%→14.0%)と答えた者の割合が低下している。(図41)
 性別に見ると,「そう思う」と答えた者の割合は男性で高くなっている。
 年齢別に見ると,「そう思う」と答えた者の割合は70歳以上で,「そう思わない」と答えた者の割合は30歳代から50歳代で,それぞれ高くなっている。(表41)
 (2) 対外広報が不十分な理由
 日本は自分の国の姿,意見や立場を外国に正確に伝えたり理解させたりしていると思わないと答えた者(1,222人)にその理由を聞いたところ,「諸外国の対日認識には誤解や理解の不十分な面があるから」と答えた者の割合が57.9%,「諸外国の対日批判に関する反論に不十分な面があるから」と答えた者の割合が28.2%,「諸外国で入手可能な日本に関する情報が少ないから」と答えた者の割合が12.3%となっている。
 平成15年10月の調査結果と比較して見ると,「諸外国の対日認識には誤解や理解の不十分な面があるから」(48.4%→57.9%)と答えた者の割合が上昇し,「諸外国で入手可能な日本に関する情報が少ないから」(17.9%→12.3%)と答えた者の割合が低下している。(図42)
 性別に見ると,「諸外国の対日認識には誤解や理解の不十分な面があるから」と答えた者の割合は女性で高くなっている。(表42)
http://www8.cao.go.jp/survey/h17/h17-gaikou/2-5.html


「日本は自分の国の姿,意見や立場を外国に正確に伝えたり理解させたりしていると思うか」という問いに対しての答えは、図41 http://www8.cao.go.jp/survey/h17/h17-gaikou/images/z41.gifにあるとおり、
              昭和62年   平成15年  平成17年
「そう思う」         15.2%     10.0%    10.1%
「そう思わない」      52.7%     63.9%    69.6%
「どちらともいえない」   21.8%     17.8%    14.0%

となっており、これを、対外広報が不十分な理由別にしてみると、
図42 http://www8.cao.go.jp/survey/h17/h17-gaikou/images/z42.gifにあるとおり、
                                           昭和62年 平成15年 平成17年
諸外国の対日認識には誤解や理解の不十分な面があるから」  59.6%   48.4%   57.9%
「諸外国の対日批判に関する反論に不十分な面があるから」        20.3%   29.6%   28.2%
「諸外国で入手可能な日本に関する情報が少ないから」           20.1%   17.9%   12.3%
となっている。

つまり、日本の立場や意見を諸外国が理解していないのは、諸外国の誤解や認識不足によるものに他ならず、それは、日本が情報を発信すれば受信可能であるにも拘わらず、日本が対日批判に対して丁寧に反論しないでいることによるものと言うことができる。

即ち、声高に言わなくても国民は問題の本質を見抜いていたということになる。それに対して、国もメディアも応えてこなかったということこそ問題とされるべきなのである。昭和62年以前からの問題であろうが、データが確認できるだけでも約20年間の長きに亘り不作為が継続されているということになる。IT革命により20年前とは雲泥の差があり、情報伝達については何ら障害がなくなっているにも拘わらず、というのが近年罪が重くなっている部分である。

日本は、戦後60年間真面目に暮らしてきた。真面目に暮らせば諸外国は分かってくれるだろうと思いこみ、なんら謂われのない誹謗中傷にも堪えてきたが、それは何の解決にもなっていないということである。逆に、きちんと反論しなければならないということである。支那・朝鮮・露西亜は、先の大戦を反省するどころか現代においても侵略を行っている非道の国家であり、日本がこれらに対して黙することは、大きな誤りである。大人ぶって「黙殺」のつもりなのかもしれないが、それはシカトではなく是認・服従と勘違いされるのが今の日本が置かれている世界の常識なのである。付け込まれてはいけない。悪者の言いなりになれば更に付け上がるだけであるのは犯罪者のやり口を見れば分かることである。

ところが、来年度に外務省がやろうとしていることを知って驚いた。

○朝日新聞
「反日感情緩和にアニメやヒット曲 外務省が対中広報強化」
中国の人たちに日本に親しみをもってもらおうと、外務省が広報活動を強化する。反日デモが起きたように中国で対日感情が悪化しているためで、中国でも人気の日本アニメやヒット曲を地方テレビ局で放映することなどを目指す。中国でのアニメ放映を対象にした予算措置は初めてで、対中広報費は06年度予算に前年比11.6億円増の31.1億円が盛り込まれる見通しだ。http://www.asahi.com/politics/update/1221/004.html


答えが分かっているのに、平気で間違ったことをする外務省というものは、一体何ものなのか?それも31.1億円という血税を使って。そんな銭はないはずだ。利権の一部か?業界が絡んでいるのか?ようやくODAをやめるそぶりを見せたと思ったら別な形で金を注ぎ込むのか。何故支那人の娯楽経費を日本が負担しなければならないのか。どうせ放映するなら支那の間違った歴史認識を正す番組を放映すべきである

支那人が日本人に親しみを持っていなくても私は支那人などとは関わりたくないから一向にかまわないのだが、支那人がそういう感情を持つのは悪質極まりない反日教育の成果なのであり、日本のアニメやヒット曲に触れていないからではない。悪者に媚びて情けない醜態を晒すまねはやめてもらいたい。先ず彼らの間違いを正すのが正解である。彼らが改心するまでとことん教え込まなければならない。気の遠くなる作業であるから逃げたいのであろうが、それなら早めに支那と断交した方が日本の安全に寄与する。外務省は、馬鹿を通り越して、売国奴の集まりと言われても仕方ない。

blogranking01←クリックする方がいるかどうか分かりませんが


※国民として意思表示しよう。メールで1票!

各府省への政策に関する意見・要望
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

内閣官房の業務に関するご意見・ご要望をお寄せください。
http://www.iijnet.or.jp/cao/cas/jp/goiken.html

小泉内閣メールマガジン [ご意見募集]
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

政治家、メディア、評論家
取り敢えずのところ、御自分でお調べください。


blogranking01←クリックをお願いします。

blogranking_fc4←クリックをお願いします。

拍手する←コメントはこちらからでも可
posted by 日出づる国の末裔 at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 黙せず語るべし、外務省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。